2009年02月16日

味噌作り

味噌を作りました。
みなさんご存知「島ダレ」など・・
この味噌が味の決め手となります。

味噌作りにかかせないのが「ひんぎゃ」
これが「ひんぎゃ」で蒸しあがったばかりの大豆です。
色もきれいですが、匂いも芳ばしいです。?大豆ぎゃ後.JPG大豆つぶし.JPG

ひんぎゃで蒸すと本当に柔らかくなります。
きれいにマッシュできました。
マッシュ後.JPG
あらかじめ、細かくほぐした「麹」
(今回は、これ、麦麹です)
これを、マッシュした大豆に入れます。
この時、塩も入れます。
私が味噌作りで愛用するのは、青ヶ島産のお塩
やはり、このひんぎゃの地熱で作られたお塩です。
なぜ、これが愛用になったか、というと
これで作った味噌は味もよいのですが、
かびがほとんど出ないからです。大豆麹.JPG

よっく、かきまぜます。ミックス.JPG
まざったら、適量を手にとり、だんごを作ります。
全部だんごにして、タルの底から敷き詰めていきますだんご並べ.JPG
並べ終わったら、手でおして平らにします。
だんご状態にするのは、空気が入らないように密封するためです。空気ぬく.JPG

いよいよ出来上がったら
表面に塩を振ります。できるだけ、ふちには厚めに振ります。塩蓋.JPG

その上に障子紙を敷き、焼酎を振り掛けます。
塩も焼酎も殺菌効果があります。酒蓋仕上げ.JPG

最後は新聞紙で蓋をします。
これから、月に一度「天地返し」をして、3ヶ月4ヶ月後には出来上がります。最後.JPG
手作りの味噌は、本当においしいです。
(ま、手前味噌っていうくらいですから・・)

このお味噌は第33回の牛祭りには出品する予定です。
どうか、お楽しみに。


posted by 青ヶ島牛祭り at 07:17| Comment(0) | 農林水産物・加工品・手工芸品部会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。